健康食品の危険性について

健康食品の危険性について

健康食品はとっても便利で簡単に栄養補給ができます。
そのためどうしても健康食品などに頼ってしまうことも増えます。

では、どのような部分が注意点にあたるのでしょうか?

栄養素の過剰摂取

これは、なんでも食べ過ぎ・摂り過ぎは良くないという事です。
例えば、ビタミンCなどの水溶性ビタミンは過剰に摂取しても、余った分は尿として排泄されますが、
ビタミンAなどの脂溶性ビタミンの場合、過剰に摂取すると体内に蓄積されていくため副作用が出たりするんです。
こういった副作用などがどの程度なのかは、その栄養素によっても違うため、あらかじめ許容量を確認するか、決められた量はしっかり守ることです。

外国製のものを使用

中には日本では取り扱いがなく海外から取り寄せたりしないと手に入れられないものなどもあります。
または日本のバイヤーが海外から買い付けているなど。
しかし、海外のものは日本とは薬事法などの規制が異なるため、使っていると思わぬ症状が出たりなんてこともあります。
特に海外の人とは体のつくり(体格など)が違うため、摂取できる量に差が出たりするのは当然の事です。
いずれの場合もしっかり調べたうえで取り扱うか、分からない場合はむやみに購入しないことです。

このように健康食品の取り扱いには様々な注意点があります。
特に過剰摂取には気をつけましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL