青汁の原料の可能性

前回の記事では青汁の原料の代表的なものや元々の使われ方について軽く触れました。

今回も引き続き青汁の原料についてご紹介します。

青汁以外での活用

青汁で使われる主な原料であるケール・明日葉・大麦若葉は、その豊富な栄養が認められ青汁以外での商品化もされています。

その原料にも言える事なのですが、サプリメントとしての活用やスムージーなどの原料でも使用されています。

やはり、青汁で使われるだけあって、その栄養価に注目するメーカーも多いようです。

今では、幅広い世代に浸透しているサプリメントですが、特に若い人も定期的に飲んでいる人も多いようです。

青汁の原料の特徴比較

青汁にはいくつかの代表的な原料がありますが、この中でも含まれる栄養の種類や量は変わってきます。

100gあたりの含有量の多さから簡単な比較をしていきましょう!

ケール
野菜の王様とも言われるケールにはビタミンCやカルシウム・マグネシウムが、葉酸などが他の2つの原料より多く含まれています

明日葉
日本原産と知られる明日葉は、βカロテンやビタミンE、ビタミンB1、食物繊維などが他の2つよりも多く含まれています。

大麦若葉
大麦の若い葉である大麦若葉は、鉄が他の2つより多く含まれています。

このようにそれぞれが特化している部分が違うので、自分に足りない栄養素が多く含まれている青汁を選ぶことが大切です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL