青汁の味について

健康飲料を選ぶ際に必要な情報の1つが味です。

実際に習慣付けて摂取していくものだからこそ、味や飲みやすさは大切です。

前回の記事では、青汁の原料で主に使われる3つの野菜の栄養素の特徴をご紹介しました。

今回は、3つの代表的な原料の味についてご紹介します。

青汁の味は?

青汁と言えば、健康には良いけど「マズイ」「ニガイ」などネガティブな印象が強い事と思います。

しかし、それは使用している原料によって異なることをご存知でしたか?

それぞれの原料ごとの味の特徴を簡単に解説します。

ケール・・・ニガイ、クサイと言われる青汁の代表で、クセが強い

明日葉・・・ほんのりと苦みがあるものの、お茶のような感覚で飲みやすい

大麦若葉・・・クセが全くなく、言われなければお茶だと思うレベルの飲みやすさ

飲みやすい青汁がある?

青汁の中でも明日葉や大麦若葉は非常に飲みやすいと言われていますが、その他にも違った意味で飲みやすくなった青汁も登場しています。

それはフルーツを摂りいれたフルーツ青汁や、はちみつやオリゴ糖を加えたものなど、青汁のイメージを180度変えるような青汁が登場しています。

これらの登場により、青汁も世間に浸透してきましたが、まだ毛嫌いする人も多いようです。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL